Just another WordPress site

トップ > ラテラのブログ > コーヒーは肌に良いの悪いの?

コーヒーは肌に良いの悪いの?

2016/05/09

カテゴリーラテラのブログ

岐阜市のエンビロン専門店LATERA Beauty

6318db0664456c4e734a3fddaa2e77a8_s

「コーヒーは肌に良いのか悪いのか?」

ふと、そんなことを思いまして!今もパソコンの隣には、コーヒーが(笑)

コーヒーは、胃に悪い・肌に悪いなど色々聞きますが、本当のところはどうなのか?

カフェインには胃液の分泌を活発にする効果があるから。つまり、健康な人が食後に飲むと、胃のはたらきが促進されて消化が進む。しかしその一方で、胃酸過多や胃潰瘍の人が大量にコーヒーを飲むと、胃液によって胃壁が荒れがちとなる。

アメリカの研究によれば、コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類を始め、豊富な抗酸化物質が含まれており、肌の張りや老化防止にはむしろうってつけなのだとか。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸や、クロロゲン酸が分解してできるカフェ酸は、がんの発生や増殖、転移を抑えるとされ、最近ではがん予防効果について研究が進んでいる。

賛否両論ありそうですが、好きであればしかたないですよね!まあ何でもそうですが、ほどほどが良いかと(笑)

Tatusya.Matsuda

 

人間

好きなものは止められない(笑)